はげ予防はどうするのか

2015/11/22 16:17:22 |
薄毛や抜け毛の悩みを抱えている人は多いですが、はげといわれる症状にも様々な種類があり、原因も症状も違いがあります。そして改善するにしても、それぞれの症状画や原因に合う方法を選ぶことが大事です。はげの症状で特に多いのが男性特有の男性型脱毛症です。遺伝的な要素や男性ホルモンの影響で起こるとされている症状で、少しずつ進行していきます。特に多い症状では生え際部分が後退していく、いわゆるM字型脱毛があります。そのほかでは頭頂部から薄くなっていくタイプの脱毛症も男性に多い症状です。男性ホルモン以外の脱毛症もあり、円形脱毛症も有名な症状です。これは男性だけではなく女性にも起こりますし、子供から高齢の方まで年...
2015/11/22 16:17:22 |
はげと食生活には密接な関係があるわけは、髪の毛が常に新陳代謝をするために、亜鉛やタンパク質などの栄養を必要としているためです。はげは遺伝だけが原因ではなく、現代人特有の生活習慣によって発生することも確かです。髪の毛の若返りのサイクルが偏食などの習慣で阻害されてしまえば、急速に老化が進んでしまいます。朝食を抜いてしまうことが多かったり、食欲に任せて大量に栄養を摂取しても、新陳代謝のバランスが崩れます。肉類を全く食べなかったり、あるいは肉だけを食べるような食事をしてもよくありません。髪の毛の源になるタンパク質と亜鉛を同時に摂取するためには、多品目な料理を食べることが大切です。ところが、一汁三菜など...
2015/11/22 16:17:22 |
頭皮環境が悪化してしまうと、はげやすくなります。人間の髪の毛は頭皮の環境に左右されやすいからです。頭皮は人間の中でも、外部からの刺激により守るべき場所が無くなってしまったいるために、生えていなくても生命の危機にならない、という部位になっているからなのです。頭皮が荒れてしまうと、毛母細胞の新陳代謝が悪くなってしまいます。毛穴に汚れが詰まってしまったり、過度な洗浄により炎症状態を引き起こすと、健康的な髪の毛を生やすことが難しくなります。短期的であるのならば、それほど大きな影響が出ることはありませんが、これが長期的に毛穴に汚れが詰まったり、炎症が続いてしまうと、徐々に影響が出やすくなってしまうのです...
2015/11/22 16:16:22 |
はげとストレスは密接な関係があります。精神的な負担が大きくなると、それだけ体に対して負担をかけてしまうことになります。体に負担がかかると、それを改善するためにたくさんの栄養素が消費されてしまったり、また交感神経が優位な状態が続いてしまうと、体を回復させることができなくなってしまうからです。人間の体はストレスを感じ取ると、交感神経が優位になります。これは体が外部からの刺激から体を守るために、交感神経を優位にし、外部からの攻撃へ戦闘態勢を整えるからです。これは生物として、敵から身を守るために使用される防衛本能です。短時間であるのならば、それほど大きな問題とはなりませんが、慢性的に精神的に負担がかか...
2015/11/22 16:16:22 |
はげに悩む男性が増えています。中高年のものだった薄毛や抜け毛は20代などの若い世代でも現れる症状となっています。はげは年齢によるものストレスによるものという印象が大変強いものです。もちろんストレスや年齢を重ねたことによる薄毛や抜け毛もありますが、男性の場合最も深い関係があるのが男性ホルモンです。このホルモンが過剰に分泌されると、毛乳頭を攻撃する成分が発生して頭髪の正常な成長が阻害されてしまうのです。こうした男性ホルモンが原因で起こる脱毛をAGAと呼び、専用の治療薬なども利用されています。有名なのはミノキシジルとプロペシアです。ミノキシジルは内服でAGAをケアする治療薬でタブレットとして発売され...
2015/11/22 16:16:22 |
男性の場合、父親がはげていると自分の遺伝で禿げるのではないかと考えてしまいます。デンセイホルモン受容遺伝子というものがあり、これは男性ホルモンの働きと関係があります。男性ホルモンは脱毛作用に影響を与えることはわかっていることで、男性ホルモンが多いと禿げる可能性は高くなります。実は自分がはげるかどうかは、確実に知りたい場合にはAGS検査で禿げるかどうかを確認することはできますが、母方の祖父が禿げていると自分も禿げることがわかっています。禿げる原因は、母方の祖父が禿げているから必ず禿げるという訳ではなく、いろいろな原因が影響しているのです。男性特有の原因は、男性ホルモンの影響は強いですが、生活環境...